Calender

診療予定表

  診療時間
初 診
9:30
-
17:00

(9:00~
12:30)
-
再 診
9:30
-
17:00

(9:00~
12:30)
-
Attention-deficit hyperactivity disorder

ADHD(注意欠陥多動性障害、注意欠如多動症)

ADHD(注意欠如多動症)とは

ADHD(注意欠如多動症)とは発達障害の一種の病気です。特徴的な症状として、年齢に見合わない「不注意さ」、好きなこと以外に対する集中力がなくほとんど関心や興味を示さない「多動性」、思いついたことをよく考えずに即座に行動に移してしまう「衝動性」が見られます。場に応じてコントロールすることが苦手な状態のため、様々なミスや不注意などの症状が他の人と比べて目立ちやすくなります。そのため、職場や家庭での日常生活に支障をきたすおそれがあります。

adhd

落ち着きがなく、授業中も着席していることができずに動き回ったり、常に体を動かしたり、衝動的で急にしゃべり出したり、他人のやっていることに唐突に介入するために、先生から注意を受けているような子供はADHD(注意欠如多動症)と言われています。ADHD(注意欠如多動症)は、子供だけにみられる障害ではありません。軽症の場合は大人になると症状が目立たなくなる例もありますが、2〜10%の大人がADHD(注意欠如多動症)の診断基準に当てはまると言われています。

ADHDの症状

大人のADHD(注意欠如多動症)では、注意の持続が困難だったり、細部に注意が向かないために仕事や家事でケアレスミスや物忘れが多かったりします。あるいは、しばしば約束の時間に遅れたり、約束を忘れたり、締め切りに間に合わなかったりします。

子供の時に見られた顕著な多動性や衝動性は一見目立たなくなりますが、待たされた時などにイライラして落ち着かなかったり、人の話を最後まで聞くことができず、さえぎって一方的にしゃべってしまったりするような形で現れたりします。

ADHD(注意欠如多動症)の大人は、本人の人間性や知能などに問題はないのに、社会適応性が悪かったり、親密な人間関係の持続が困難になったりすることが多いので悩むことになりがちです。そのため、自尊心が低下して、うつや不安の状態になります。

仕事や人間関係がうまくいかないために生きづらく感じる、あるいは抑うつ気分や不安感が強い人で、以下の項目に多く当てはまる場合はADHD(注意欠如多動症)がその原因の可能性があります。

次のような症状は、ADHD(注意欠如多動症)の可能性があります

  • 活動していないと落ち着かず、家で座って静かに過ごしていること(本を読んだり、テレビを見たり)ができない。
  • 注意力や集中力に欠けるため、他人と話していても話の筋を追えなかったり、内容を忘れたりする。
  • 単調な仕事や読書、計算を持続することが苦痛である。
  • 約束の時間に遅れたり、約束を忘れたり、締め切りに間に合わなかったりすることが多い。
  • 仕事や家事などの課題を遂行できず、途中で投げ出してしまう。
  • 短気で、些細なことで自分を見失い、しばしば爆発的に怒ってしまう。
  • 鍵や財布など生活・仕事の必需品を頻繁に紛失する。
  • 騒音や雑音があると、すぐに注意が散漫になる。
  • しばしば他人の質問をさえぎって、一方的にしゃべり出してしまう。

ADHDの原因

現時点では、ADHD(注意欠如多動症)の原因ははっきりしていませんが、近年、MRIやSPECTなどの脳の画像診断による研究報告から神経生物学的な原因により生じることがわかっています。更に、遺伝との関係について研究が進められている他、脳内の神経伝達物質の関与も明らかになってきました。つまり、脳の器質的・機能的な原因のために発達・成熟に偏りが生じ、ADHD(注意欠如多動症)の症状が現れると考えられています。ADHD(注意欠如多動症)の原因が「親のしつけの悪さ」にあると言われることがありますが、それは大きな誤解です。ADHD(注意欠如多動症)の発症には、遺伝的要因、出産時に生じた障害などによる脳の形態学的な異常、脳内の神経伝達物質のバランスの乱れなどの機能異常、環境的要因などが複雑に絡み合っていると考えられます。

ADHDの治療法

ADHD(注意欠如多動症)の治療には大きく分けて、「薬物療法」と「心理士によるカウンセリング」の2種類があります。治療に取り組んだからといってすぐに治るという病気ではありませんので、治療は治すことを目指すのではなく、病気を持っていても普通の人と同じように日常生活、社会生活を送ることができるようになることを目標とすることが大切です。あきらめずに根気よくケアに取り組めば、症状をコントロールでき、他の人たちと同じように日常生活、社会生活が送れるようになります。その積み重ねで、本人の成長と共に病気が治る可能性があると理解することが大切です。

薬物療法

薬物療法でお出しする薬(コンサータ)は、ノルアドレナリンやドーパミンといった脳内物質の不足を改善する効果があり、それによりADHD(注意欠如多動症)特有の症状を抑制する効果が期待されます。また、ADHD(注意欠如多動症)の傾向のために、周囲の人間関係や環境ストレスにより、うつ病や不眠の症状を伴う時には、患者様とご相談の上で、適宜抗うつ薬や睡眠薬を併用することもあります。

心理士によるカウンセリング

心理社会的治療(カウンセリング)では苦手としていることや、ミスや衝動の起きやすい状況を心理士と共に確認しながら、タスク(仕事)をリスト化する方法など、日常生活で取り組める行動を中心に、心理士が患者様と共に段階的に行動が変えられるように促していきます。

Calender

診療予定表

  診療時間
初 診
9:30~17:00
(9:00~
12:30)
-
再 診
9:30~17:00
(9:00~
12:30)
-

〒063-0005
北海道札幌市西区山の手5条5丁目1番1号

電話011-644-5111