人は、美しいメロディーやハーモニーを聴くと疲れた心や身体が癒され、穏やかな気分になります。
軽快でリズミカルな音楽は気分を高揚させ、動きを誘発します。
歌はその歌詞から想像をめぐらし、昔の記憶を呼び起こします。
このような音楽の持つたくさんの要素や特性を、病気の改善や健康維持のために計画的に利用していくのが音楽療法です。
♪♪♪音楽療法のスケジュールはこちら♪♪♪

高齢者が慣れ親しんだ歌や楽曲を用いて音楽活動を行い、楽しみながら全身の活性化につなげます。
写真はリズミカルなピアノ演奏に乗せて足踏み体操をしています。
自然に笑みもこぼれます。

認知行動療法の技法を取り入れた音楽療法です。
ロールプレイを盛り込みながらトーンチャイム演奏や合奏、曲当てクイズなどの音楽活動を行います。
左の写真は、「合奏」の一コマです。患者さん自ら好みの小楽器を選び、皆でひとつの曲をアレンジして完成したときの気分は爽快!!