第4回 北海道いじめ・暴力・ひきこもり治療研究会

プログラム
及び抄録


 ここでは、平成14年11月9日に開催された「第4回北海道いじめ・暴力・ひきこもり治療研究会」のプログラム及び抄録を掲載しております。
 
 
 
 プログラム: 各演題をクリックすると、抄録ごとの掲載ページに移ります。

   開催日時: 2002年11月19日(土) 13:30 〜 17:30
   会  場: メンタルケア札幌
          (札幌市西区琴似2条5丁目1-22 三光カサノビル3階)
          ⇒地下鉄琴似駅下車後 徒歩約1分
        

13:00  受付開始

13:30


 
 開会挨拶

 
 内海 由雄
 (北海道いじめ・暴力・ひきこもり治療研究会会長)

13:35

 
 
問題提起T



「いじめや不登校がその後の人生に与える影響 
                  −早期発見と早期治療−」
  太田 耕平 (札幌太田病院院長)

13:45

 問題提起U

思春期問題への小児科医からの提言」

  小川 説子 (札幌太田病院小児科医)



13:55

 症例発表T

家庭の機能不全から自信を喪失した40代女性の

                   内観療法での気付き」
  松田 聖子 (心理士)


14:10  症例発表U いじめられ体験から幻覚、妄想状態を呈した
        10代女性に対する内観療法と音楽療法の展開」
  
  飯田 糧子 (内観指導員、音楽療法アシスタント)


14:25  症例発表V 不登校後遺症における家族のつながりについて
    −家族内観の効果 背中のあたたかさを知ったとき−」
  
  磯野 章 (看護師)


14:40  症例発表W 「家庭の機能不全が原因となる不登校生児と関わってみて」
      
  佐々木 美弥(看護師)


14:55  症例発表X 「ひきこもり青年への作業療法 −デイケアにおける試み−」
      
  平山 崇 (心理士)



15:10  ボランティア
 活動報告T
 「自閉症幼児グループのボランティア体験報告」

   佐藤 祐基 (浅井学園大学院生)

 ボランティア
 活動報告U
 「中学生グループの行動療法とボランティア体験」

   山科 千恵 (浅井学園大学院生)


15:30     休 憩  時 間 

15:40  講演 T  「微小脳障害といじめ」

  北見 公一 (北見クリニック院長)

16:40  講演 U  「メンタルクリニックからみたいじめと虐待」

  下出 道弘 (しもでメンタルクリニック院長)

17:40  閉会挨拶  熊谷 満 (元道立衛生研究所所長)