【2018年】医療法人耕仁会 研究論文
1960. 國井陽介、時岡かおり、福井徹、大川直樹、太田健介
「 不登校および暴力行為を呈する思春期患者の治療過程 
[2018/2/24、日本心身医学会北海道支部 第28回教育講習会 北海道大学医学部臨床講義棟(臨床大講堂)にて発表 ]
□論 文
□スライド
1961. 林美里、馬場潤、北島朝子、細田美穂、太田秀造、太田健介
「 地域生活の定着から就労に向けての一体的支援 
[2018/5/28、一般社団法人 北海道精神保健福祉士協会全道大会 北見赤十字病院 多目的ホールミントにて発表 ]
□論 文
□スライド
1962. 藤井友香、小寺勇人、國井陽介、菅原智子
「 思春期集団プログラムの試み−ライフスキルトレーニングの今後の展望について 」
[2018/6/9、第20回 思春期の心の講演会・相談会、札幌太田病院2階講堂にて発表 ]
□論 文
□スライド
1963. 日向寺悦史、大川直樹、太田健介
「 暴力行為のある思春期への援助と登校支援」
[2018/6/9、第20回 思春期の心の講演会・相談会、札幌太田病院2階講堂にて発表]
□論 文
□スライド
1964. 林美里、馬場潤、北島朝子、細田美保、太田秀造、太田健介
「 地域生活の定着から就労に向けての一体的支援」
[2018/6/9、第20回 思春期の心の講演会・相談会、札幌太田病院2階講堂にて発表 ]
□論 文
□スライド
1965. 植木達也、北島朝子、太田秀造、太田健介
「 引きこもり症例に対する安定通所に向けた支援と職場定着支援」
[2018/6/9、第20回 思春期の心の講演会・相談会、札幌太田病院2階講堂にて発表 ]
□論 文
□スライド
1966. 國井陽介、時岡かおり、福井徹、大川直樹、太田健介
「 不登校及び暴力行為を呈する思春期患者への内観療法」
[2018/6/9、第20回 思春期の心の講演会・相談会、札幌太田病院2階講堂にて発表 ]
□論 文
□スライド
1967. 鈴木浩江、丸山照子、新妻由美、下山英未、太田健介
「 高齢者の排便コントロールを考える 〜水溶性食物繊維を導入して〜 
[2018/7/7、第17回北海道病院学会 ロイトン札幌にて発表 ]
□論 文
□スライド
1968. 藤田悦子、小寺勇人、福井徹、菊地俊一、斉藤一朗
「 精神科デイケアにおける創作楽器バンドの導入とその有効性 」
[2018/9/15、一般社団法人 日本音楽療法学会 第18回日本音楽療法学術大会・講習会 サンポートホール高松にて発表 ]
□論 文
□スライド
1969. 植木達也、北島朝子、太田健介
「 精神科デイケアにおける競技スポーツの実践について 
[2018/10/19、日本デイケア学会 第23回年次大会 東京ベイ舞浜ホテルリゾートにて発表]
□論 文
□スライド
1970. 長谷川真弓、八重樫真生、石崎聖奈、宇藤華子、羽鳥純史
「 アルコール依存症者に対するシール療法の効果 〜行動変容ステージと受容プロセス〜 
[2018/10/20、第11回北海道アルコール・薬物依存予防早期発見解決市民フォーラム、札幌市教育文化会館4階講堂にて発表]
□論 文
□スライド
1971 伊藤美称、佐々木知之、菊地俊一
「 アルコール依存症治療でのSSTについて 〜対人スキル向上と自己肯定感の獲得を目指して〜 
[2018/10/20、第11回北海道アルコール・薬物依存予防早期発見解決市民フォーラム、札幌市教育文化会館4階講堂にて発表]
□論 文
□スライド
1972. 松村しずか、大川直樹
「 アルコール依存症に対する病棟内内観療法の効果 〜せん妄状態からの回復〜 
[2018/10/20、第11回北海道アルコール・薬物依存予防早期発見解決市民フォーラム、札幌市教育文化会館4階講堂にて発表]
□論 文
□スライド
1973. 藤田悦子、小寺勇人、福井徹、菊地俊一、斉藤一朗
「創作楽器バンドの導入と意識変化  
[2018/10/20、第11回北海道アルコール・薬物依存予防早期発見解決市民フォーラム、札幌市教育文化会館4階講堂にて発表 ]
□論 文
□スライド
1974. 丹野万樹、大川直樹、時岡かおり
「集団CRAFTプログラムを導入した病的賭博の一症例  
[2018/10/20、第11回北海道アルコール・薬物依存予防早期発見解決市民フォーラム、札幌市教育文化会館4階講堂にて発表 ]
□論 文
□スライド