メインテーマ


※以下の内容は、本大会の開催前に当ホームページ等でご報告した内容です。

 
本大会は無事終了しております。ご協力下さいました皆様方に厚く御礼申し上げます。

※学会抄録集のうち、医療法人耕仁会のスタッフの抄録を公開しております。
  → 学会抄録集(一部)へ




 不登校、家庭内暴力、摂食障害、ストレス、、アルコール・薬物依存、閉じこもり、うつ傾向などで苦しむ人達が増えてきました。また、小児・思春期の心身症をはじめ、親子、家族関係で悩まれる方が多くなってます。
 このような悩みの予防・解決・治療には、内観療法の啓蒙普及は重要であると考えています。

 内観を行うことで、以下のような効果が現れます。
  1. 気持ちが落ち着く。明るくなる。
  2. 思いやりが出てくる優しくなる。
  3. 親子、夫婦、恋人、友人同志の仲が良くなる(対人関係の向上)。
  4. やる気が出る(意欲の向上)。
  5. 責任感が強くなる。
  6. Etc.人生が新しく展開する。

 皆様の活発な討論、そして相互交流、更には学会の発展に益する場を提供できるよう、準備委員一同力を合わせて取り組んでいます。


  
 開催日: 

   ・ 2002年5月16日(木)〜18日(土)
 
  

⇒プログラム・タイムスケジュール(ここをクリック)

  

 会 場 :

  ・  北海道大学 学術交流会館
     〒060-0808 札幌市北区北8条西5丁目
      (北大正門を入ってすぐ左です)

  ⇒会場周辺地図(ここをクリック)



 参加費(予定) :当日、会場にて申し受けます。
               
  ○ 一日目(5月16日)・三日目(5月18日): 無料
   (※一日目・三日目は、一般市民への公開講座が無料)

  ○ 二日目(5月17日):下記の通りです
  
    会員・一般 : 3,000円、

    学    生 :1,000円、

 懇親会:
     懇親会の参加費は、大会参加費申し込み時に
     受け付けておりました。
    日 時:2002年5月17日(金) 18:30〜20:00
    場 所:「エルム」 札幌市北区北11条西8丁目
    参加費:5,000円
 
  
 事務局(お問い合わせ先) :
   〒063-0005札幌市西区山の手5条5丁目
   札幌太田病院 内観療法課 担当: 根本、平山
   пD011-644-5111  FAX.011-644-1001
   E-mail: info@sapporo-ohta.or.jp
   http://www.sapporo-ohta.or.jp/