いじめ、不登校、ひきこもり、過食症・拒食症、酒・薬物依存、暴力、自傷行為等でお悩みの方は、ぜひご参加下さい。
 下記プログラムの演題をクリック頂くと、各抄録が表示されます。


【 日 時 】 平成16年11月13日(土)13:30〜17:30

【 会 場 】 札幌市教育文化会館 講堂(4階)
(札幌市中央区北1条西13丁目)

【 会 費 】 無料です。お気軽にご参加下さい。

【 講 演 】 『最近の思春期の暴力行為の背景と予防、治療』
 
講師: 太田 耕平(札幌太田病院理事長)

【 発 表 】 「病からの回復」体験6題

【研究発表】 看護師、心理士から6題

【 後 援 】 北海道医師会、札幌市医師会、
北海道教育委員会、札幌市教育委員会、
北海道保健会、札幌市学校保健会
北海道いじめ・暴力・ひきこもり治療研究会

【 事 務 局 】
北海道内観療法懇話会

〒063-0005
北海道札幌市西区山の手5条5丁目1-1
医療法人耕仁会 札幌太田病院 (担当:根本、篠田)
 
  TEL: 011−644−5111
  FAX: 011−644−1001
  E-mail: info@sapporo-ohta.or.jp
 


プ  ロ  グ  ラ  ム

* 抄録中の「拘束時(もしくは身体抑制時)内観療法」としていた表記は、
「拘束時記憶回想(分析)療法」と改めさせていただきましたので、ご了承ください。(2005/5/23 札幌太田病院)

13:30 開会挨拶

13:35 研究発表  ・座長:太田秀造(札幌太田病院院長)

13:35@ 「不登校児への家族療法的関わり」
 宮前 弥子(心理士)

13:50A 「不登園児への家族療法的成功例」
 奥村 弓恵(心理士)

14:05B 「強迫神経症の20代女性に対する病棟内・内観療法の経過」
 土江田つや子(心理士)

14:20C 「10代ひきこもりの家族治療的援助」
 石川 正人(心理士)

14:35D 「高校1年生不登校児への病棟内・内観療法の経過」
 藤原絵理子

14:50 講 演
「今日の精神科医療について〜うつ・ノイローゼ・パニック・アルコール症・摂食障害の大衆化時代を迎えて〜」
 太田 耕平(札幌太田病院名誉院長)

15:30 休 憩

15:45 体験発表T 
・座 長:
・テーマ:
 阿部一九夫(医師)
 「病からの回復」

15:45@ 「小学生多動児からの回復
 〜病棟内・内観療法と母親の関わり〜」

 A.C氏(30代女性、看護師)

15:55A 「内観と行動と笑顔の自分」
 I.E氏(40代男性、断酒会員、交通事故しょうがい者)

16:05B 「アルコール依存、酒乱からの回復と自分」
 T.A氏(30代女性)

16:15 体験発表U 
・座 長:
・テーマ:
 小川 説子(医師)
 「病からの回復」

16:15C 「死ぬことの愚かさ、生きることの素晴らしさ」
 T.N氏(30代女性、摂食障害、自傷行為頻回)

16:25D 「ピア・カウンセラー活動を通して」
 O.H氏(30代女性、抑うつ、自傷行為頻回)

16:35E 「摂食障害からの回復
 〜盗癖と虚言癖を脱することも目指して〜」
 Y.A氏(20代女性)

16:45 質疑応答、自由討論会
・座 長:

・回答者:
 吉川 憲人(医師)

 体験発表者6名
 医師、看護師、心理士などから回答致します。
17:15 閉会挨拶
17:20 終  了


   ☆ポスタセッション
       「抑うつ状態の患者に対する病棟内・内観療法の経過」
        渡辺麻由香(心理士)