いじめに関する相談はこちら

心療内科診療 Q&A



「いじめ」問題と子育て MENU
 いじめ問題の医学的理解  イライラして子にあたる主婦
  親の態度と子の性格   アメリカインディアンの教え




いじめ問題の医学的理解

目  次

  1. はじめに
  2. 「いじめ」の中心は中学生…その心理は
  3. 校医とPTAの連携…PTAの目標は
  4. 避けて通りがちなPTAと校医…いじめ問題
  5. 事例 1〜4
  6. いじめられない子育て…家庭教育
  7. いじめっ子にしない子育て…家庭教育
  8. いじめられの早期発見には
  9. いじめられている時…親がなすべきこと
  10. 医師としての注意…子供を診るとき
  11. おわりに




「いじめ」問題の医学的理解と親、医師の対応

札幌太田病院  太田耕平 新ヶ江 正
北海道医報 第615号 pp.36-39, 1985




はじめに
 頃、精神科を訪れる思春期症例が増加している。シンナー乱用、非行、家庭内暴力、登校拒否、心因反応、心身症などの症例であり、当院では新患の25%に当たる。これらのうち、登校拒否、心因反応、心身症などの症例では背後に「いじめ」があることが少なくない。医師として、子の家庭、学校、交友、心理的背景などについて詳しく聞いて、適切な対応が必要である。手遅れになると精神的、肉体的に深い痛手を受け、ついには死を選びかねないからである。

 いじめられる子は、精神的にも身体的にも虚弱で正しく自己主張できない子、友達づきあいが下手な子が少なくない。

 いじめっ子は家庭の暖か味のない子で、欲求不満をもち、相手の痛みのわからない子や、ツッパリで非行グループのこともある。

 いずれにせよ、家庭の子育ても大きい要因であり、家庭、学校はもちろんのこと、社会や医師もきちんとした対応が望まれる。当院で経験した症例から4例を挙げ考察したい。


「いじめ」の中心は中学生…その心理は
 学生は青年前期に当たり、心理的に親への依存から離脱しつつあり、「自分とは何か」、「人生とはどのようなものか」という悩み、さらに異性や進学、友に関しても劣等感や不安を抱きやすい年代である。青年ほど、その深い孤独から接触と理解とを渇望しているものはない。

 価値観が多様化し、マスコミから矛盾し合う各種の情報を与えられ、子供達は何が正しく、何が現実なのか、同一化しうる価値観に混乱を来している。小学校入学以前からテレビを通じて見せられる暴力、ルールのないプロレス乱闘などは、正しい批判力の未熟な子供にとって大きい影響を与え、「いじめ」の原因のひとつと考えられる。マスコミの自重を求めたい。

 中学生の自己評価は不安定で、自信がない自分であるがゆえにますます友人に好かれ重んじられようとして、周囲に同調しやすい。

 この不安定な気持ちや孤独感が群集心理的に「いじめる」ことで充足されるところに集団による個へのいじめの背景があろう。一方、この年代で「いじめ」られる側にとっては場合によっては自殺に陥るほどの極めて重大な心理的苦痛に追い込まれるのである。

 小・中学生の子に対して、親は暖かい家庭的だんらんではぐぐみ、子がおのずと出す不安や悩みのサインを素早くくみ取り、共感していくことが大切である。子が小学上級生や中学生になったら、人生について、学校や友人について、進路や将来の職業について、親子でじっくり話し合う雰囲気と時間を作るべきである。

 「しかと」するという集団で一人を無視し仲間はずれにするいじめがあるが、今の子供達は、親からも先生からも無視されているのでないかと思いたくもなるのである。

 「いじめ」はいじめられている子ですら、その事実をかくしたがる。そのため学校でも家庭でも実態を把握できず対応が遅れやすい。その結果、登校拒否、校内暴力、自殺などの不幸な事態をまねくことも少なくない。

 学校生活から「いじめ」をなくし、子にとって明るく楽しく勉強できる場にするために親、教師、校医、PTAは真剣に勉強し、協力していかねばならない。



校医とPTAの連携…PTAの目標は
 TA活動の目標は子の健全育成である。
  1. 子について先生と相談、協力し指導をうける場、
  2. 父兄が団結して先生や学校に協力したり要望する場、
  3. 親がより良き親になるための学習や研修の場、
  4. 地域社会と連帯、協力する場、
  5. 親達が友達となる親睦の場。
これら5つの観点から校医は「いじめ」問題に対しても具体的な対応を進めるべきである。


避けて通りがちなPTAと校医…いじめ問題
 じめのほとんどが、休み時間にトイレ、体育準備室など教師の目のとどかぬところでなされている。多数の生徒をあずかる教師にとって十分の配慮をしていても数少ないいじめられっ子の救いを求めるまなざしには気付かぬことが多い。

 また、父母は子供を先生にあずけている以上、教師や学校と事をかまえることに及び腰になる。だから一層のこと弱い者が泣き寝入りとなり追い込まれていく。

 PTAや校医にいじめ問題が持ち込まれたことは寡聞にして聞かない。だからといって、PTAや校医がいじめ問題に無策であってはならない。子が追い込まれて事態が深刻になる前に校医やクラスの父母全体の問題としてPTAで取り組むべき性質のものである。父母が交代で教室や廊下など巡回するのも一案であろう。