心療内科診療 Q&A



更年期心身症



退院を拒否する中年の女性

 年前から、立ちくらみがひどく、立っているのがやっと。何でもないことにイライラし、漠然とした不安感と死ぬ事ばかり考えています。 夫とは十年前に別れ、子もなく一人暮らしです。内科的にも神経学的にも異常はありませんが、退院を勧めても応じません。 入院2ヵ月後に本人の希望で外泊させましたが、その日のうちに帰院し「8畳一間の薄暗く、寒いアパートの自室に入ったら、寂しさと孤独感でゾーッとしていたたまれず逃げるように病院に帰ってきました。もう少し置いてください」という。

 この症例へのこれからの援助としては

  1. 抗うつ剤
  2. 自律訓練
  3. 運動、スポーツ
  4. 仲間づくり…趣味の会、退院者の会
  5. 地域のnetworkつくり
  6. デイケア
  7. 住居を病院又は友人の近くに移す…これらはケースワーカーの活躍分野である。

なわち、現代人に多く見られる、孤独、ひま、生きがいのなさへの支援により、本人が自助できるまで支える仲間づくりなどでしょう。医療の分野は一部にすぎません。