Sapporo Ohta Hospital
医療法人耕仁会 札幌太田病院
アルコール依存症の基礎知識
about Alcoholic

TOPページ

アクセス

病院概要

外来案内

お問い合わせ

 
 
■専門外来■
アルコール依存症専門外来
プレアルコホリック専門外来
ギャンブル依存症専門外来
アルコール依存症家族会
  (みつば会)
サルビアの会
(女性アルコール依存症者の会)
断酒会
土曜女性の会
 (依存症でお困りの女性の会)
AAメッセージミーティング
(アルコホーリクス・アノニマス)
   

 アルコールの危険性
アルコールは非常に強い依存性を有する薬物です。
離脱症状を引き起こす身体依存を起こす点では最強の薬物のグループに入ります。しかし、アルコールに対する依存はゆっくり形成されるので多くの人がその恐ろしさに気付きません。従って、飲酒するひとは誰でもアルコール依存症になる可能性があります。毎日、晩酌しているお父さんもアルコールという薬物に依存していると言えます。 しかし、アルコール依存症の診断基準を満たすようになるとそれは病気であり、治療が必要です。

    
 アルコール依存症について
 アルコール依存症は誰でもなり得ますが、回復可能な病気でもあります。
アルコール依存症は、アルコールという薬物への依存が形成されてしまった病気であり、立派な人も、立派でない人も、誰でもなりうる病気です。そして、本人が病気である事に気付き、治療すれば回復可能な病気なのです。
 アルコール依存症は、治療しなければ将来が予見可能な病気です。
アルコール依存症は飲酒のコントロールが不能になっている病気なので、お酒を止めない限り改善する事はありえません。アルコール依存症の人が飲酒を続けると、家族を失い、仕事を失い、身体的健康(肝硬変や慢性膵炎、脳の障害)を失い、全てを失います。
 多くのものを失う前に治療を始めることが大切です。   どんな病気も早期発見早期治療が大切です。アルコール依存症もまだ、失っているものが少ない早期の段階で治療を開始すれば、より回復が容易です。ただし、どの段階でも回復は可能です。
 アルコール依存症から回復するということは、飲酒をしなくても生活出来るようになるということです。上手く飲酒できるようになることではありません。

    

  
 アルコール依存症の診断
@  病的飲酒欲求(飲酒への渇望感)
A  離脱症状
(不安、いらいら、動悸、不眠、発汗(寝汗)、手の振るえ、しびれ、酷い場合は痙攣発作や小動物幻視を伴う意識障害)
B  @Aのために飲酒のコントロールが出来ない。
(酒量を制限できない、いつも酔い潰れるまで飲む、仕事があっても深酒する、朝から酒を飲む等)
C  飲酒のために不利益が生じているにもかかわらず止められない。
(肝障害、膵炎等身体面の障害、家庭不和、離婚等の家庭面の問題、仕事の能率低下、ミスの増加、失職等の社会面の問題、不安や抑うつ等精神面の問題)
>>> @〜Cを認める人はアルコール依存症と診断出来ます。

        

 プレアルコホリックとは?
アルコール依存症の診断基準は満たさないが何らかのアルコール問題を有する人を指します。
 つまり、上記のような離脱症状や連続飲酒といったものを経験していない問題飲酒家と言え、アルコール依存症の予備軍です。アルコール依存症になる前に予防することが大切です。

 

 ギャンブル依存症(病的賭博)とは?
 ギャンブル依存症は、アルコール依存症と同様に、ギャンブルをコントロールできなくなる病気です。さまざまな不利益(家庭不和、仕事上の問題、借金、いらいら、うつ)が生じているのにもかかわらず止めることができません。
 進行性の病気で、放置しておくと問題はどんどん深刻化します。例えば借金や横領などで、患者さんと家族の人生に大きなダメージを与えることがあるのです。